中林レディースクリニック

INFERTILITY診療内容

INFERTILITY TEST不妊検査

女性の不妊検査

(1)一般的な検査
① 内診・経腟超音波検査
産婦人科診察室の診察台(内診台)の上でおこないます。子宮・卵巣を産婦人科的に診察しておして痛いところがあるかどうかを見るとともに、細い(直径約1.5-2 cm)超音波プローブを腟から挿入して子宮筋腫・卵巣のう腫・子宮内膜症などの異常がないかを確認します。
② 子宮卵管造影検査
X線造影室で行います。子宮卵管造影検査は、X線による透視をしながら子宮口から子宮内へ造影剤を注入し、子宮の形や卵管が閉塞していないかを見る検査です。少し痛みをともなう検査ですが、この検査の後自然に妊娠することもすくなくないこともあり、大切な検査です。
③ 血液検査
外来の採血室で血液を採取して、ホルモン検査や糖尿病など全身疾患に関係する検査を行います。ホルモン検査の中には、女性ホルモン・男性ホルモンや卵巣を刺激する卵胞刺激ホルモン・黄体化ホルモンが含まれますが、その他にも母乳を分泌するプロラクチンや甲状腺ホルモンの検査も行います。ホルモンは月経周期によっても変化しますので、月経期・黄体期などに分けて検査します。
④ クラミジア検査
女性の不妊症の原因の30%は卵管因子です。卵管は精子が卵子に向かい、受精卵が子宮へ戻るための道です。卵管が炎症や癒着などによって詰まっていると、妊娠は起こりません。その原因となるのがクラミジア感染症です。クラミジア感染症は日本で最も多い性感染症なので、名前は聞いたことがあるという方は多いかと思いますが、不妊や母子感染につながるので注意が必要です。
(2)特殊な検査
子宮鏡検査
子宮鏡検査は卵が着床する場所を直接観察する検査で、麻酔をかけずに行うことが多いため外来で行うこともできます。この検査で、ポリープや筋腫などの腫瘍性病変や内腔の癒着など確認することができます。

男性の不妊検査

精液検査
精液検査では、主に「精子の数」「精子の運動率」「精子の形」をチェックし、受精能力(妊娠しやすい状態かどうか)を判断します。特に精子の運動率はとても重要で、運動率が高く形が良い精子が妊娠しやすいと考えられています。
具体的に「これ以下であれば不妊症になる」といった明確な基準はありませんが、通常WHOが2010年に発表した正常値の基準を参考に、精液検査の結果を確認していきます。
基準を下回ると、自然妊娠がしづらいとされています。また、精子の運動率が低い場合は精子無力症、精子の数が少ない場合は乏精子症などと診断されます。
しかし、これはあくまで基準であり、基準値を上回っていても妊娠できないケースもあります。また精子の状態は、その日の体調などによって大きく変動するため、一度の検査に一喜一憂せず、できれば複数回受けることをお勧めします。

INFERTILITY TREATMENT不妊治療

一般治療

① タイミング法
排卵日を予測して性交のタイミングを合わせる治療です。まず、排卵予定日より前に、経腟超音波検査で卵巣内の卵胞という卵子が入っている袋の大きさを測定します。一般に、卵胞の直径が20mmくらいになると排卵するため、この計測値から排卵日を推定します。
② 排卵誘発法
内服薬や注射薬によって卵巣を刺激して排卵を起こさせる方法です。通常、排卵のない方や排卵が起こりにくい方に行いますが、タイミング法や人工授精の妊娠率を高めるために、あるいは体外受精などの生殖補助医療の際に使用されます。
③ 内視鏡手術
検査としても治療としても行われます。子宮鏡および卵管鏡は経腟的に行われます。子宮鏡手術では、妊娠の妨げになるような子宮内のポリープや子宮筋腫を切除することができます。卵管鏡手術では、閉塞している卵管にチューブを通して開通させ、自然妊娠する可能性を高めることができます。
④ 人工授精
精子に問題がある男性不妊症が主な適応となります。採取した精液から運動している成熟精子を洗浄・回収し、それを排卵の時期にあわせて細いチューブを用いて子宮内に注入することで妊娠を試みる方法です。

生殖補助医療

(1)体外受精・胚移植(IVF-ET)
採卵により卵子を体外に取り出し、精子と共存させる(媒精)ことにより得られた受精卵を、数日培養後、子宮に移植する(胚移植)治療法です。最初は卵管の障害が原因の不妊治療に用いられてきましたが、現在はその他の不妊原因の治療としても使われています。
(2)顕微授精(卵細胞質内精子注入法、ICSI)
精子の数が少ない場合や運動率が低い場合などの男性不妊や、卵子の受精障害などの体外受精では受精が難しい場合に、卵子の中に細い針を用いて、精子を1個匹だけ人工的に入れて受精させる治療法です。
(3)凍結胚・融解移植
体外受精を行った時に、得られた胚を凍らせてとっておき、その胚をとかして移植することにより、身体に負担のかかる採卵を避けながら、効率的に妊娠の機会を増やすことができます。移植する胚の数を1つにしておけば、多胎妊娠となるリスクを減らすことができます。また、胚を凍結することにより、卵巣過剰刺激症候群の悪化を防ぐことができ、着床に適した内膜が得られた周期に移植を行うことが可能となります。

生殖補助医療(ART)(日本生殖医学会)をご参照ください